【スマブラSP】知っておきたいコントローラーの選択肢

発売が迫ってきました「大乱闘スマッシュブラザーズSPECIAL」

私は早速DL版を購入したわけですが、一つ迷っていることがあります。それが、

コントローラーどれにしようか

ということ。

今回は、スマブラ経験者や初心者に向けて、これから始めるためにどのコントローラーを買うべきかおすすめを検討していきたいと思います。

スマブラコントローラー3選

Swich Proコントローラー

まず第一候補はこちら、Proコントローラー(通称:プロコン)

メリット

  • 他のゲームにも最適
  • コードレスで遊べる

主にこの2つでしょうか。

今まで他のゲームをプレイしている、または今後色んなソフトを検討している方でまだプロコンを持ってないのであれば、1つは持っておいて損はないでしょう。

また、ワイヤレスで遊べるに関しては、これから紹介する他のコントローラーは有線のため、どうしてもコードレスが良い!という方はプロコンがベストですね。

デメリット

  • 高い
  • 壊れやすい

まずはお値段、希望小売価格は6980円+税。プロコン1つでソフト1つ買える程のお値段。

結構しますよねぇ…

そして、私が気になっているのはもう一つのデメリット、壊れやすいという点。

Amazonのレビューを見ると、左スティックが壊れやすいという意見をよく見かけます

スマブラはスティックを酷使するのでそこが心配です。

まとめ

他のゲームも今後遊ぶ予定ならば1つは持っておきたいコントローラー。

壊れやすいという意見、スマブラは他のゲームよりスティックを酷使することを考慮するべし。

ゲームキューブコントローラー

ハードの垣根を越えて愛され続けてきたスマブラコントローラーと言えばコレ!と言って過言ではない。

ゲームキューブコントローラー(通称:GCコン)

メリット

  • 確かな信頼
  • 安価

ゲームキューブのコントローラーでありながら、WiiやWiiU版のスマブラでも愛用している人が多かったコントローラー。

愛されるにはそれだけの理由がある!操作性は抜群でしょう。

スマブラ経験者はもちろん、未経験者でもこのコントローラーで始めてもいいかもしれません。

そして、プロコンと比べると非常に安価。希望小売価格は2000円+税

デメリット

  • 接続タップが別途で必要
  • 有線
  • 他のゲームには不向き

このコントローラーはまんまゲームキューブのコントローラーであるため、接続部分がUSBではありません。

そのため接続タップを別途で購入する必要があります希望小売価格は2500円+税

また、プロコンと違い充電式ではないので常に有線でプレイしなければなりません。

また、ジャイロセンサーなどのプロコンに備わっている機能が一部搭載されていないため、他のゲームには不向きであることを注意しましょう。

まとめ

操作性は抜群。

接続タップが必要であることと、他のゲームには向かないことを考慮するべし。

(端子がUSBのGCコン出してくれればいいのに・・・)

 任天堂ライセンス商品:ホリ クラシックコントローラー

先程、端子がUSBの・・・と述べましたが、それを叶えてくれたのがこちら。

任天堂のライセンス商品で、様々な周辺機器を販売しているホリから出ているクラシックコントローラーです。

メリット

  • 接続タップ不要
  • 安価

先程のGCコンとほとんど変わらない(ZLが増えていたり、LRの押し具合が若干異なる)コントローラーで、端子がUSBになっているのでSwichに直接接続することが可能

価格は2980円+税とこちらもプロコンと比べるとかなり安価です。

また、任天堂のGCコンには無い、キャプチャボタンや連射機能も付いています

デメリット

  • 有線
  • 他のゲームには不向き

先程紹介したGCコンとほぼ同じですね。

まとめ

GCコンとほぼ変わらない操作性。

接続タップが不要。

WiiUの時から接続タップを使っている、という方以外は本家のGCコンを買うよりこっちを買うほうが良いと思います。


さいごに

私自身コントローラー選びに非常に悩んでいるんですよね。

スマブラはゲームキューブ以来ですし、プロコンも持っていないので新しくプロコンで始めようか、それともやはり操作性を考えてホリのクラシックコントローラーを買おうか・・・。(本家GCコンが寂しそうにこちらを見ている)

 

悩みに悩んだ私は…

Proコントローラー大乱闘スマッシュブラザーズSPECIALエディションを買うことにしました!

私的には、プロコン持ってないならプロコン、プロコン持っているならホリのクラシックコントローラーをおススメします。

最後まで読んでいただきありがとうございました。
また次回の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です