【実力テスト4】C15-16「無機の生命」攻略【sdorica/スドリカ】

今回の敵は実験体ALTとオースタALTのコンビ。これはナイジェルのキャラクターストーリーのextremeと同じで、その難易度を上げたようなステージです。

デバフが通じませんし、バフも奪われてしまうため使うことができません。

また、片方を倒すと即死攻撃が飛んでくるため、倒し方に少し工夫が必要となります。

C15-16 無機の生命

敵情報

 

実験体

HP:28077

攻撃ターン数:※合計3(初期3)

抗体:自分のデバフを解除する

スキルを発動するとCD2で麻痺状態となる、CD0で麻痺を解除し、CD1で復帰する。

攻撃頻度は3ターンに1度のため合計と表記しています。

 

オースタ

HP:46794

盾:46794

攻撃ターン数:5(初期3)

抗体:自分のデバフを解除する

能力①:プレイヤーのキャラクターがバフもしくは「挑発」を獲得すると、それを奪って実験体に与える

今回の敵も(もはや当たり前かのように)抗体を持っており、デバフが通じないことはもちろん、オースタがこちらのバフを奪ってしまうため、バフも使えません。

そのため今回はバフをかけないキャラを中心に編成を組む必要があります

攻撃パターン

実験体

HP100%~31%

前列に通常攻撃(7207)+2ターン麻痺状態

HP30%以下

全体攻撃(9828)+1ターン麻痺状態

麻痺状態

麻痺の効果で受けるデバフは抗体によって解除される

麻痺
実験体の麻痺は通常【毎ターン終了時に3スタックの「防御力ダウン」と3スタックの「弱化」を獲得する】というもの。

オースタが倒される

全体に即死攻撃

オースタ

HPで変化無し

敵の盾を強化(5054) + 回復(6805) + ダメージ(9266) + 1ターン3スタックの「弱化」

実験体が倒される

前列の敵を即死させ、実験体を100%で復活させる

攻略

オースタを倒すと実験体から全体即死攻撃、実験体を倒すと前列即死からの実験体復活。

一見すると、全体攻撃でまとめて倒すしかないように思えますが、実はちゃんと即死を回避するギミックが存在します。

それが、

実験体が麻痺状態の時にオースタを倒す

 

実験体の麻痺状態で獲得するデバフは全て抗体によって解除されてしまうことから、ただ実験体の特徴の演出だと思っていました…

ところがどっこい

麻痺状態の時にオースタを倒すと、全体即死攻撃は発動しないのです。

そのため、麻痺中にオースタ→実験体の順で1体ずつ倒すことができます。

しかし、オースタを倒してからは実験体の攻撃が全体攻撃(9828)に変わるので、オースタを倒してから実験体を早く倒せるよう、実験体の体力調整をしておきましょう。

敵の攻撃について

オースタの攻撃は最終的にHPを9266減らしてくるものの、その前に6805回復してくれるため、オースタの攻撃の際にHPが2462以上あれば倒されることはありません

注意点があるとすれば、実験体とオースタの攻撃が重なる時です。実験体の攻撃でHPが2461を下回らないようににHP管理をしましょう。


編成と動画

編成


金:ディランALT

黒:ネッド

白:リュー

アドバイザー:実験体

ギルドアドバイザー:シエル

ディランALTや実験体、シエルによって、とにかくネッドの4ソウルを連発する編成

HPが2461を下回らないよう回復役にリュー


ディランALTを持ってない場合はナイジェルが良いかと思います。

ただ、ナイジェル2ソウルはHP満タンの時に盾強化すると自身に挑発を付与します。その挑発をオースタによって実験体に付与されてしまうため、オースタへ攻撃しにくくなるのを注意しなくてはいけません。

ナイジェルの2ソウルはHPが減っている状態でHP回復として使いましょう。

動画

まとめ

  • 実験体はオースタが倒されると即死攻撃
  • オースタは実験体が倒されると即死攻撃
  • 実験体が麻痺中にオースタを倒す
  • オースタを倒してからは実験体も早めに倒す

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です