【バクモンVSブレスマ】ぶっ飛ばしバトルはどちらに軍配が上がるのか!ゲーム内容を比較してみる

現在事前登録受け中のゲームの中に「ぶっ飛ばし」を謳っているゲームが2つある。

バクレツモンスターブレイドスマッシュである。

この両者の顧客の取り合いは必須となり、

今、我々はどちらを遊ぶのかの選択を迫られる———

 

ってなわけで今回は、「ぶっ飛ばし」を謳うこの2つのゲームを比較してみようという企画でございます。

バクレツモンスター

白熱の超絶ぶっ飛ばしアクション

プロモーションビデオ

キャラクター

バクレツモンスターのキャラクターはタイトルにもある通り「モンスター」となります。

ポップで可愛らしいキャラクターですね。

バトルシステム

このゲームでは、相手のライフを0にすることで相手をぶっ飛ばせるようです。

通常攻撃や、スキルを用いて相手の体力を0にすると相手が吹っ飛んでいきます。

3キャラで1チームを組み、時間内で多く吹っ飛ばした方が勝利となります(他のモードも多分あるでしょう)。

先行プレイ動画を見る限り、スキルはキャラクターがそれぞれ3つのスキルを持っていると思われます。

スキルは攻撃したり受けたりでゲージが溜まる他に、溜めるモーション(ドラ〇ンボ〇ルみたいな)があります。

また、スキルとは他のゲージがあり、それが溜まると一定時間スキルが打ち放題となります。

他にも援護攻撃や、属性相性などがあり、編成によってバトルを有利に進めていくことができます。

マルチ

マルチバトルは最大4人で対戦プレイが可能。

マルチではエナジーの消費がないためぶっ飛ばしまくれる!

バクレツモンスター

バクレツモンスター

COLOPL, Inc.無料posted withアプリーチ

 

会社 コロプラ
タイトル バクレツモンスター
ジャンル 超絶ぶっ飛ばしバトル
配信日 2018年10月17日予定
価格 アイテム課金制
公式サイト バクレツモンスター公式サイト

ブレイドスマッシュ

ぶっとばし乱闘系アクション

プロモーションビデオ

キャラクター

こちらのキャラクターは人間or人型。こちらは立ち絵が存在し、バトルでは3Dモデルを使用します。

3Dモデルに関してはこちらも可愛らしい感じに仕上がっています。

バトルシステム

バトルは3キャラで1チームを組み、3キャラとも吹っ飛ばした方が勝利となります(他のモードもあるでしょう)。

相手を場外に落とすことで倒すこともできますが、敵のHPを0にすると無条件で場外へ飛ばされます。

スキルはそれぞれのキャラクターが3種類持っており、ゲージで管理される技が1つと、CTで管理される技が2つの構成です。

キャラクターは戦闘中に切り替えることも可能で、相手の属性に合わせて戦うことが重要となるでしょう。

マルチ

マルチバトルでは、3キャラを使用した1対1のバトルと、1キャラを使った4人同時バトルが楽しめます。

ブレイドスマッシュ

ブレイドスマッシュ

gumi Inc.無料posted withアプリーチ

 

会社 gumi
タイトル ブレイドスマッシュ
ジャンル ぶっとばし乱闘系アクション
配信日 2018年秋配信予定
価格 基本プレイ無料
公式サイト ブレイドスマッシュ公式サイト

比較

バクモン ブレスマ
キャラクター モンスター系 人系
チーム編成 3キャラ1チーム 3キャラ1チーム
ぶっ飛ばし 体力を0にする 体力を0にする or 場外
スキル 3つ(ゲージ管理) 3つ(ゲージ+CT管理)
バトル人数 2~4 2~4

正直まだ情報が少ないため、出ている情報だけだとこんな感じ。

ブレスマはクエストやタワーなど、1人用モードが充実している印象がありました。

バクモンの1人用モードはまだ探索モードしか情報が無く、判断は難しいところです。

 

バクモンではキャラクターの進化があり、見た目の変化はもちろんスキルの性能も変わっていくかもしれません。

ブレスマは限界突破や装備があり、ステータスアップはこちらで行うことになりそうです。

さいごに

キャラクターがモンスター系と人系というだけでも好みがかなり分かれそうですし、棲み分けは案外できるのかもしれません。

何しろ私が言いたいのは1つ、

とりあえず、両方やってみようぜ(なげやり)

バクレツモンスター

バクレツモンスター

COLOPL, Inc.無料posted withアプリーチ

 

ブレイドスマッシュ

ブレイドスマッシュ

gumi Inc.無料posted withアプリーチ

 

最後まで読んでいただきありがとうございました。

また次回の記事でお会いしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です